2014年12月31日水曜日

高階良子さん


みなさんお久しぶりです!
2ヶ月放置ですみませんでした・・・。
おかげさまでルル子は元気です♪

今年が終わらないうちに、高階良子さんの日記は書いておこうと思います。

最近職場のみんなで読んで盛り上がっているんですよ~。
今読んでも面白い!というのが共通の意見です。


高階さんの出世作「黒とかげ」。
剥製のエピソードがインパクト大でしたね・・・。


透明の柩に入った美少年が登場するオープニングが忘れられない「真珠色の仮面」・・・。


へびにとりつかれた少女の描写がこわすぎる「へびになった少女」 ・・・。


どう見ても悪役でしかないキャラクター 描写が潔いのも高階作品の特徴です。


ルル子の江戸川乱歩入門は「パノラマ島綺譚」の翻案作品「血とばらの悪魔」でした・・・。
思わず原作も読んでしまったほどに強いインパクトがありました・・・。
石井輝男監督が映画化した作品も偶然観てしまったのでこの作品には縁があるみたいです・・・。



0 件のコメント:

コメントを投稿